スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.11.23 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    山と渓谷12月号

    0
      もう発売から時間がたってしまいましたが、最新の山渓に、私のガイディングした記事が載っています。

      昨シーズンに撮った冬の西穂高岳ガイディングの記事です。
      よろしかったら買って読んでみてください。(^_^)v

      ちなみに巻頭の「ほんものの雪山」写真は、昨年に行った黒部横断をメンバーの中島健郎が撮ったものです。
      (表紙の写真も同じです)
       

      裏妙義・丁須の頭

      0
        11月7日、群馬県・裏妙義の縦走に行ってきました。

        妙義と言えば、上信越道を走っていても目に付く、怪しい形の山々が特徴です。
        登山道はありますが、ほとんどは上級者向けのコースで、クサリ場や梯子の連続となっています。


        裏妙義の名所、丁須の頭です。この岩にも登りましたが、なぜこんな岩にクサリを取り付けたのか、罪作りなクサリだと、お客様はおっしゃってました。


        やや盛りは過ぎている感じでしたが、まだ紅葉もきれいでした。特に赤いモミジはいい色していました。
         

        高水三山での読図講習

        0
          11月1日は奥多摩の高水三山を使って、読図の実践講習をしました。

          読図は、地形図から実際の現場を(その逆も)想像する能力と、コンパスを使って方角を定める技術の複合力と言えます。
          コンパスを武器に、実際の地形と地図上の地形を照合していく作業に他なりません。そしてその力は、練習することでついてきます。
          しかしその力があったとしても、突然どこかも分からない山の中に連れてこられて、地図とコンパスを渡されて現在地はどこかと言われても、まずほとんど分からないと思います。
          地図を見ながら山を歩いている人(読図を知っている人)が、実際は歩きながら何をしているか、それを実践で学びます。

          読図ができる人はいつも必ず自分の位置を把握している、という訳ではありません。瞬間的には見失っていることもあるんです。ただしばらく後に、またちゃんと自分の位置を把握できるというところが、読図ができているということなんです。(←何を言っているのか分かりにくいですね…スミマセン)


          また近郊での日帰り読図講習は行いますので、地図を読めるようになりたい方はぜひご参加ください。
           

          甲斐駒ケ岳・黒戸尾根

          0
            10月29、30日は甲斐駒ケ岳の黒戸尾根に行ってきました。


            悪天予報も早朝は良く晴れました。


            白くなっているのは北岳、その後ろは間ノ岳。2967mの甲斐駒は、降雪はあったようですが雪は残っていませんでした。


            上部は冬枯れ状態でしたが、笹ノ平より下部はまだ紅葉もきれいでした。
            それにしても、分かっていてもこのコースは長いです。最近歩く仕事が遠ざかっていたので、翌日は少々筋肉痛になってしまいました。(^_^;)
             

            瑞牆山 錦秋カナトコルート

            0

              10/23(金)は瑞牆山に行ってきました。
              本当は「調和の幻想」を登る予定だったのですが、何と平日にもかかわらず調和には4パーティーが順番待ち!
              末端壁の他のルートには誰一人いないのに…。こんなこともあるんですね。

              しばらく待っていたのですが、これでは今日中の完登が危ういのではと感じ始め、結局左岩壁の「錦秋カナトコルート」に行ってきました。


              このルートは私の友人の角屋さんが拓いたルートで、初めてトレースしました。
              見晴らしのいい緩傾斜の左岩壁を快適に登るルートで、楽しいクライミングでした。
              3〜4P目の藪歩きがなければ、もっといいんだけどなあ。
              2P目のコーナーのスラブ部分は結構緊張しました。


              最後はカナトコ岩のてっぺんに登り終了。
              時間があったので山賊の3P目でも遊びました。瑞牆本ではHand と書いてありますが、ハンドジャムは一回くらいしかせず、瑞牆らしい渋い感じのピッチでした。

              << | 2/11PAGES | >>

              PR

              calendar

              S M T W T F S
              1234567
              891011121314
              15161718192021
              22232425262728
              293031    
              << October 2017 >>

              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              recommend

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM