スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.11.23 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    お知らせ

    0

      2016年夏より、FBにて近況報告をしています。

      以下にアクセスください。

      小川山 烏帽子岩左稜線

      0

        6/20は梅雨の晴れ間を利用して、小川山の烏帽子岩左稜線ルートに行ってきました。

        このルートはクライミングもそれほど難しくなく、そして絶景の中クライミングを楽しめる気持ちのいいルートです。

         

        最近はよく登られているようで岩も安定していました。

        支点作り、マルチピッチなどいろいろな面で練習にも適しているかも知れません。

         

        このルートは秋の紅葉時期に来たら、素晴らしい景色となると思います。

        また企画を組もうと思います。

         

         

         


        カモシカスポーツの涸沢登山教室6/3〜5

        0


          例年カモシカスポーツが6月の第一週に開催している、涸沢スキー&登山教室にガイドとして参加してきました。
          写真は明神に咲いていた小梨。


          金曜日に涸沢ヒュッテまで入山。翌日も好天に恵まれ、まずは雪上訓練から。
          歩き方の基本をしっかり練習してから滑落停止の練習。はじめは皆さん緊張気味でしたが、慣れてくると次第に過激に滑り降りてました。やはり滑落停止訓練は春の雪がいい練習になります。


          その後、歩きの練習に北尾根の5・6のコルへ。最上部は急なのでロープで確保して登ってもらいました。


          前穂北尾根5・6のコルで景色を眺めての休憩。


          午後は涸沢カールの反対方向へ歩行練習。獅子岩を目指しましたが時間の都合で途中まで。
          振り返ると午前中に登った5・6のコルが急斜面の上に見えます。左寄りの三角のピークの右側が5・6のコル。


          今年は雪が少なめですが、涸沢カールはまだ雪で遊べます。
          土曜日の晩は涸沢ヒュッテさんのご厚意で、立食パーティー。食べきれないほどの食事とビール、ワインも、この企画の魅力です。
          天候が崩れる予報であった日曜日もそれほど悪くならず、雨に降られることなく全員無事に上高地に下山しました。
           

          子持山獅子岩クライミング(5/29)

          0

            日曜日に日帰りで、群馬県渋川市近くの子持山獅子岩に行ってまいりました。
            この岩場は岩も安定しており、支点整備もされていて比較的登りやすい岩場です。
            ジムでのクライミングに慣れた方にはやりやすいフェース系のクライミングになります。

            暖かく、しかし風もそれなりにあって、絶好のクライミング日和でした。


            他に3パーティーがいて多少の待ち時間もありましたが、気持ちよくてっぺんまで登れました。
            久々のクライミングとなったOさんには手応えのある復帰戦になったようです。
            また最近クライミングを始めたYさんには、次へのモチベーションを高めるクライミングとなれば嬉しいです。

            かなり間があいてしまいましたが、この夏はできるだけブログを書いていこうと思います。
             

            八ヶ岳 広河原沢左俣アイスクライミング

            0
              また長らく空いてしまいました。スミマセン。
              忙しくなるとなかなか更新できないですね。


              今回は八つの阿弥陀岳に突き上げる広河原沢左俣のアイスクライミングの報告です。
              アプローチ途中から見える阿弥陀岳ですが、左端の浅いルンゼ状が左俣の源頭になります。


              沢の中は10日前の雪が結構積もっていて、途中からはトレースもなくなり、常時ひざ下くらいのラッセルでつらかったです。
              傾斜の緩い滝(氷瀑)は結構埋まっていて、先日の雪だけでもう今シーズンのベストは終わってしまった気がします。
              アイスクライミングとしては、2つほど傾斜のきつい滝があって緊張しましたが、その2本だけ、だったかな。写真はその一つです。


              沢の上部は忍耐のラッセル登りです。


              左俣のいいところは、途中で左に上がると下山ルート(御小屋尾根)にすぐ出られるところです。御小屋尾根に出た後に阿弥陀岳を振り返ったところ。今回は山頂までは行きませんでした。


              絶好の晴天であったため、正面には御嶽山、その左に中央アルプスが見えます。この他にも南ア、乗鞍、北アなど、素晴らしい景色の中、ゆったりと下山しました。

              お客様なしで久々に一人で山を歩きましたが、黙々と歩き続けるため、結構疲れました。

              | 1/11PAGES | >>

              PR

              calendar

              S M T W T F S
                  123
              45678910
              11121314151617
              18192021222324
              252627282930 
              << June 2017 >>

              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              recommend

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM